グロスリンαの成分は?「最短3日の即感を実現」した秘密の成分は?

グロスリンα

グロスリンαの成分は?

グロスリンα。「最短3日の即感を実現」した増大サプリとして販売開始直後から話題です。

 

グロスリンα「最短3日の即感を実現」するためにどんな成分が配合されているのでしょうか?気になりますね。

 

そこで、このページではグロスリンαに配合されている成分について調べてみました。

 

グロスリンαに配合されている成分が気になる人の参考になれば嬉しいです。

 

グロスリンαの成分を徹底検証!

グロスリンα

グロスリンαは世界47ヶ国で販売されている2856種の増大サプリの中から厳選された有効成分100種類を配合しています。

 

どの成分も特徴的な成分ですが、この記事では特に増大に不可欠な3つの成分を紹介します。

 

増大に不可欠な3つの成分とは?

グロスリンα

増大に不可欠な3つの成分

  • シトルリン
  • アルギニン
  • トンカットアリ

 

シトルリン

グロスリンα

シトルリンとはアミノ酸の一種で、体内で動脈などの血管を弛緩させる物質である一酸化窒素(NO)の産生に関連し、血液の循環を促進する作用があります。

 

そもそもペニスは毛細血管の集合体である海綿体という組織で構成されていて、この海綿体を構成する毛細血管に流入する血液量が多くなれば、ペニスのサイズも増大します。

 

この点、シトルリンには、血液の循環を促進する作用があるので、海綿体を構成する毛細血管に流入する血液量を増加させる効果が期待できます。

 

したがっシトルリンには、ペニスサイズを増大させる効果が期待できます。

 

アルギニン

グロスリンα

アルギニンとはアミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌を促進する働きが期待できます。

 

そして、ペニスを構成する毛細血管が成長ホルモンにより発達すれば、海綿体を構成する毛細血管に流入する血液量が多くなり、ペニスのサイズも増大します。

 

この点、アルギニンには、成長ホルモンの分泌を促進する働きがあるので、毛細血管を発達させる効果が期待できます。

 

したがって、アルギニンには、ペニスサイズを増大させる効果が期待できます。

 

トンカットアリ

グロスリンα

トンカットアリとは熱帯雨林に自生する植物で、古くから強壮剤として使用されてきたハーブです。

 

トンカットアリにはペニスの勃起を促す男性ホルモンの一種であるテストテロンの分泌を促進する作用があります。

 

そして、ペニスは勃起することにより海綿体を構成する毛細血管への血液の流入が開始され、ペニスのサイズも増大します。

 

この点、トンカットアリには、テストステロンの分泌を促進する作用がああるので、ペニスの勃起を促す効果が期待できます。

 

したがって、トンカットアリには、ペニスサイズを増大させる効果が期待できます。

 

グロスリンα最安値販売店は
こちらをクリック!!

↓↓↓↓↓

グロスリンα最安値販売店へ

 

グロスリンαおススメコンテンツ

 

 

 

 

 

グロスリンα最安値販売店は
こちらをクリック!!

↓↓↓↓↓

グロスリンα最安値販売店へ